ドロップ_edited.jpg

 大正十年の創業期より100年もの長い歳月に亘り、多くの皆様へ眼鏡をお作りさせていただいてきた中川眼鏡店。今日ではインターネットの普及により、日本全国より眼や眼鏡の【悩み・問題】を抱える皆様にお越しいただいて

おります。

 皆様が中川眼鏡店まで眼鏡をお作りに足を運ばれますのも、ご自身の眼を大切に思ってのことと思います。 皆様が抱える【悩み・問題】の中身や深刻さは人それぞれ異なりますが、皆様が望まれるものは【自分の眼に合った快適で疲れない眼鏡を作りたい!】という願いです。 単に視力が視えるだけの眼鏡を作られても、皆様が望まれる眼鏡にはなりません。 まずは、現在の眼の本質や特徴・癖を把握し、その上で目的や用途・生活環境、そしてお仕事や趣味に合わせた眼鏡作りをしなければなりません。

 

 人が得る情報の90%は眼からと言います。 眼を適正な状態にすることで、脳の活性や身体への負担を軽減することにも繋がるので、長年に亘り眼の大切さを強調し続けております。 それをどう思うかは、お一人お一人の「考え」や「心」次第です。 私達に出来ることは、『こういう眼の本質だから、こういう視え方が眼が楽ですよ』『こういう視え方が、眼に負担が掛かりませんよ』『こういう眼の特徴だから、視る用途により複数の眼鏡を使い分けた方が良いですよ』と、【視える】へ導く為の道しるべのお手伝いにすぎません。 あたり前に【視える】ということが、こんなにも幸せだと思うのは、【視える】ことに不便を生じている人にしか分かりません。

 

 例え、どんなに優れた最新検査機で検査をしても、人が掛ける眼鏡を作るのは、最終的には人でしかありません。 これまでの100年間、中川眼鏡店の先代達が手間を掛け時間を掛けてきたように、我々 三代目 中川眼鏡店も一人でも多くの皆様に【視える】という幸せのお手伝いをさせていただけるよう日々精進しております。

中川眼鏡店には、北海道内を始め、日本全国より眼や眼鏡でお困りの方々にご来店いただき解決しております。

どうぞ安心してご利用下さいませ。

                                                                     三代目 中川眼鏡店