職人.jpg

本来の眼鏡とは、お一人様お一人様の眼や生活環境に合わせて視力矯正をする為の医療器具であり身体の一部です。 しかし昨今は、単に「視るだけのモノ」として、価格が安ければ良い!フレームがおしゃれなら良い!など、眼鏡本来の必要性を蔑ろとした考えの消費者が増えております。 

又、眼鏡屋の考えも変わり、医療に携わり人様の眼を左右するという仕事にも拘らず、単なる銭儲けの商売と考えるメガネ屋が殆どで、本来の眼鏡屋としての仕事をする眼鏡屋や腕自慢の眼鏡職人は殆どいなくなってしまいました。

その結果、消費者の皆様は眼に不適合なメガネを提供されるので、眼の不調や不具合が起り、「視力」「視覚」に不便を生じる方々が急増しております。 きちんとした眼鏡を作りたいが、どこの眼鏡店で眼鏡を作れば良いのか分からない、という消費者のお声を多く耳にします。

適切な眼鏡を作る為には、正しい知識と技術を習得した眼鏡職人が必要です。 しかしながら、多くの眼鏡職人がご高齢による引退やご逝去され、在では北海道で眼鏡職人と呼べる人間は御眼鏡師〔中川〕一人になってしまいましたが、 これまでの先人達が刻んだ眼鏡職人としての技や伝統を頑なに守り続けております。

​蝦夷眼鏡職人會

ダウンロード.png