職人による手仕事

機械では出来ない、中川の職人ならではによる手仕事の技にて、レンズをより美しく見せる研磨や加工を致しております。 レンズの厚みを薄くしたりレンズに遊び心を施すことで、一味も二味も魅力的になり、唯一無二の眼鏡に変貌すると、大変ご好評をいただいております。

1CE273D1-3B71-40FE-B3B2-26C38618C9A7_edi

​メッツ加工

レンズの厚みを目立たなく見せる為に、レンズ裏面の外端を斜めに研磨することにより、通常のレンズ研磨よりもレンズの厚みが薄く見えます。

F15B41DE-708A-4281-AA88-CDC4BB88C496_edi

​サンドブラッシュ

レンズの表面端に、砂打ち加工を施すことにより、レンズにアートのようなデザインが浮かぶと同時に、レンズの厚みが薄く見えます。

26F262A8-E526-465A-B4D6-33FDB4F8B526_edi

​ダイヤカット

ダイヤモンドのカット技法を眼鏡レンズに取り入れました。職人が1面1面を手で研磨することで、レンズが光り輝き、美しく見える技法です。

00AEB9B4-D652-4ACC-8770-5E9712EE5244_edi

​切子加工

ガラス工芸の江戸切子や薩摩切子のように、ガラスにカット模様を施すことで、レンズに華やかさが宿り、アート作品のようなレンズへと変貌します。

C1D3C50C-9F05-49D5-B712-452C718BC98B_edi

​ラインカラー

フチなし眼鏡のレンズ側面部に色を着色することで、フチありフレームの様に見え、ワンランク素敵なフチなし眼鏡に変貌します。

b7782acce6c982b1f734bb94efec3f14_edited.

うず消し加工

​強度数のレンズは、レンズ外側が厚くなり、白いうずが目立ちます。レンズ側面に中川が開発した特殊加工を施すことで、うずが目立たなくなります。