WE ARE OPTICIAN

OPTICIAN「オプティシャン」…

一般には聞きなれない言葉ですが、英語で眼鏡士「眼鏡技術者」という意味です。眼鏡屋さんになるには、どういう資格が必要なの?と、お客様に尋ねられることがございます。人の眼に関わる仕事ですので、資格があって当然のことと思っている消費者の方は多いですが、日本では何の資格も必要ありません。

アメリカやヨーロッパをはじめとする先進国は勿論、中国や韓国でも眼鏡屋さんには、必ず国家資格が必要ですが、日本には国家資格が無く、誰でも眼鏡屋さんになれるのが現状です。眼鏡は視力を矯正する医療器具にも関わらず、日本では単なる銭儲けの商売と考えるメガネ店が殆どです。その為、眼や眼鏡に関するトラブルが多く、解決できる眼鏡店も少なく、困っている消費者が沢山おります。

中川眼鏡店の若人は、眼鏡職人への一歩とし、眼鏡学校にて三年間、きちんとした眼鏡作りの知識と技術の基礎を学んでおります。北海道では、数少ない眼鏡学校を卒業した眼鏡認定士の資格を持つ眼鏡職人が、一人一人の眼に合う眼鏡を作っております。眼や眼鏡でお困りの際は、お気軽にご相談下さい。

私達が、問題を解決致します。 

​中川眼鏡店
​コンテンツ
ブログ
中川眼鏡
​中川グループ
中川眼鏡店
​中川眼鏡院
中川眼鏡技術開発研究所
中川プロダクション
中川デザインオフィス
中川自動車
中川工務店
​中川興業
​中川貿易
Copyright © Nakagawa Design Office All Rights Reserved.