​視力検査
人間の眼は、日々の体調や生活習慣、環境などによって眼の状態が変化する為、視力検査の熟練者でも、きちんとした視力検査をするのが難しい時があります。幸か不幸か、器械の性能が発達し、ボタン一つで、誰でも簡単な視力検査をできる便利な時代になりました。その為、眼に関しての知識がない素人さんが、高性能な器械を操作し、安易な視力検査で眼鏡を作る為、後に見え方や身体上にてさまざまな症状が現れ問題となっております。
※日本では視力検査をする際、何の資格も必要がない為に、誰でも視力検査をすることができます。これが全ての原因です。
高性能な器械にて測定された統計値で眼鏡を作ると、短時間ものを見るにはその度数でも良いでしょう。しかし、朝起きてから夜就寝するまでの一日を眼鏡を掛けて過ごすには、いささか無理が生じてきます。良く見えるから!遠くまで見えるから!眼鏡ってこんなものだと思っていては、とんでもない誤りです。皆様が考えている以上に、人間の眼というものは、非常に繊細でデリケートです。度数を一段階強くするのか?弱くするのか?乱視を加えるのか?加えないのか?その判断一つで、快適な眼鏡になるのか、疲れる眼鏡になるのかに分かれます。この微妙な具合を的確に判断するには、確かな知識と豊富な経験が絶対に必要です。

さまざまな情報やものが溢れる現代社会では、テレビにゲーム、パソコンにスマートフォンと、眼を酷使する機会が多く、眼精疲労や若年老眼(スマホ老眼)等を始め、眼に関するさまざまな症状の原因にも繋がります。その為、1.0や1.2等の単にものを見るだけの一般的な視力検査だけでは、きちんとした眼鏡を作ることが難しくなってきております。中川眼鏡店では、色や形、サイズ、距離感、立体感、スピード感が、より鮮明にはっきりと認識できる視力検査『両眼視検査』をしております。一般的な視力検査では、左右片眼ずつの検査を行いますが、両眼視検査は、両眼での視力検査をすることにより、左右の眼がバランスよく機能し、眼球の筋肉が左右バランスよく動くことで、頭痛や肩こり、眼精疲労等の解消にも繋がります。 だから、単に1.0や1.2の視力だけで作った眼鏡とは違い、中川眼鏡店で作った眼鏡は、疲れることなく!自然にものを見ることが出来るのです。 

両眼視検査は、一般の視力検査よりも高度で難易度が高く、昨日今日勉強したぐらいでマスター出来るものではありません。正しい眼鏡を作るには、正しい視力検査をしなくてはいけません。中川では眼鏡学校で眼と身体に関する様々な医療知識を学んだ眼鏡職人が、皆様の視力検査をさせていただいております。肩が凝る!眼が疲れる!頭が痛い!などでお悩みの方…一度きちんとした眼鏡店で、視力検査をされてみてはいかがでしょう。​ひょっとすると、悩みが解消されるかもしれませんよ。
眼鏡製作
フレームにレンズを取り付ける作業を眼鏡屋では加工と言います。多くの人は、フレームに取り付けられたレンズしかご覧になられたことがないと思いますが、もともとのレンズの形は、丸い形状をしております。
【写真①参照】
​その丸いレンズを、フレームの形状になるように研磨していきます。
昔はガラス製のレンズが主流で、一つ一つ手作業でレンズを研磨しておりましたが、今では、ボタン一つでレンズを研磨してくれる高性能な器械が登場し、非常に便利になりました。中川でも、最新の器械にてレンズを研磨しておりますが、中川ではこれに一手間、二手間の手作業を施し、より美しい眼鏡作りをしております。

【写真①】

一例としまして、メッツ加工という特殊加工をご紹介致します。この加工は、レンズの横の厚みが気になる方の為に、少しでもレンズの厚みが目立たなくなるようにする技法です。
昔から、中川のメッツ加工は仕上がりが綺麗!との定評があり、強度数のお客様には大変ご好評をいただいております。
写真②が、中川のメッツ加工です。写真③が、一般のメッツ加工です。中川のメッツ加工は、レンズを削った後、平らな状態になるまで、何度も何度も凹凸具合を顕微鏡で確認し、表面に斑がなくなるまで磨き施します。
​ここまでするのは、自己満足かもしれませんが「眼鏡を美しく製作したい!」…これが眼鏡職人としての眼鏡作りです!と言うと聞こえは良いのですが、当たり前のことを当たり前にしている。単にそれだけのことです。

​【写真②】

​【写真③】

眼鏡業界では、良い仕事をする眼鏡職人が年々減少しております。どんなに高性能な器械を使用しても、最後は人の手で仕上げなくては、きちんと掛けられるような眼鏡にはなりません。
 
​これからも手間暇惜しまず、美しい眼鏡作りを続けて参ります。
眼鏡調整
眼鏡を必要とされる人にとって、眼鏡のお掛け具合は非常に大切なことです。
​眼鏡の調整次第で、快適な眼鏡か?そうでないか?に分かれます。
現在はフレームメーカー様の大変な努力のお陰で、品質や機能に優れた眼鏡フレームがたくさん開発されております。その多くは、お顔へのご調整をしなくとも快適な掛け心地を得る事が出来ます。しかし、どんなに掛け心地の良いフレームや軽いフレームでも、そのフレームをお顔に合わせる調整は必要です。耳の位置が左右非対称や、鼻が曲がっている等、人間の顔は左右非対称である為、お顔の中心に水平に眼鏡を掛けられるように合わせなければいけません。
人間の顔は其々、骨格は勿論、鼻の形、耳の位置、目の位置など全て異なります。調整一つで、眼鏡の掛け心地だけではなく、見え具合までも変わります。だから、お客様“お一人お一人”のお顔に合わせた調整が大切なのです。
​調整と言いましても、耳に触れる部分を曲げ、眼鏡が下がらなくなれば良いというものではありません。お鼻に触れる部分(鼻パッド)を個人のお鼻の形状に合わせ、レンズと角膜の距離感やフレームの角度を合わせ、耳に触れる箇所も一日中掛けていても苦痛にならないように、耳の形状に合わせてきれいに曲げなければいけません。いくつもの行程を調整し、それぞれのお顔に合わせて初めて調整と言えます。
​どんなに掛け心地の良いフレームが開発されても、眼鏡の調整は必ず必要です。中川では、眼鏡学校で基礎を学んだ眼鏡職人達が、代々伝わる伝統の調整技法で、お客様“お一人お一人”のお顔に、きちんと眼鏡を合わせていただいております。この技が、創業以来多くのお客様に、安心と信頼を得た中川の宝であり、職人としての誇りです。
お値段やデザイン、ブランドに拘るのも良いでしょうが、眼鏡はファッションアイテムや雑貨品ではなく、医療道具です。中川には、全道各地より、眼や眼鏡に付いて、悩んだり困っている方々が多数来店されます。しかし、お住いの近郊にも、きちんとした眼鏡店があるはずです。諦めないで一度ご相談下さい。もし安心できる眼鏡店がない場合は、中川眼鏡店へご相談下さい。…私達が解決します。