深視力検査

大型免許・中型免許・準中型免許・けん引免許・普通二種免許・中型二種免許・大型二種免許

通常の視力検査での適正視力を通過しても、深視力検査を通過出来ないと、上記免許の取得や更新は出来ません。

深視力検査が必要な運転免許

一般の視力検査は、静止している物体の形状の見え具合を検査しますが、深視力検査は、物体が動的に動いた場合の、遠近感や立体感を図る検査です。高度な運転技術を要する運転者が、車間距離をはじめとし、走行時の車や信号、標識等の距離間や認識を正確に眼が捉えられているかを確認するもので、安全運転をする上での大切な検査です。

深視力検査の合格基準

両眼で0.8以上、

片眼で左右各々0.5以上

三桿法による検査(3回)の平均誤差が2センチ以内

ここまで動いたら

​ボタンを押します

中川眼鏡店では、運転免許試験場での免許取得や更新時に使用される深視力検査機と同機能性を持つ深視力検査機にて、深視力検査を試す事が出来ます。

「深視力検査が上手く出来ない場合、眼鏡で矯正することも可能です。」

「眼鏡度数の改善や、高度な視力検査「両眼視検査」をし、プリズム処方にて製作した眼鏡で、深視力検査を通過することも出来ます。」

深視力検査をご希望される方は、予めご予約にてお願い申し上げます。

深視力検査代の費用は、3,300円+税になります。

但し、中川眼鏡店のお客様や中川眼鏡店にて眼鏡を作られる方は、無料でさせていただいております。