ダウンロード (4).png

北海道             
​ 随一の​眼鏡職人

​THE TRADITIONAL OPTICIAN

中川眼鏡店 | 中川.png

中川眼鏡店は、北の神々が宿る『北海道神宮』のお膝元である“円山裏参道”にて、
お客様をお迎え致しております。
大正十年の創業より“眼鏡は医療器具であり身体の一部である”という…中川眼鏡店
ならではの考えで【視え具合】【掛け具合】を追求し日々切磋琢磨致しております。
創業百年もの歳月で、これまでの職人達が積み重ねてきた『知』や『技』を継承し、
時代が変われど、本来の眼鏡職人としての『仕事』『考』『魂』を頑なに守り貫いて
おります。 眼鏡作りの三法でもある『検査』『加工』『調整』を御眼鏡師「中川」が
“匠な技”と“粋な感”で作る眼鏡は、中川眼鏡店ならではの魅力の一つです。




検査
目の試験

眼鏡を作る上で最も大切なのが視力検査です。 最新鋭の検査機を駆使し、眼鏡職人【中川】による熟練の経験にて導かれる感動的な視え具合は、これまでに経験したことがない視る世界です。 中川の検査は、歪んだ眼球を正しい状態に補正をするという高度な技法を実施することで、3Dのように鮮明で立体感がはっきりとし、眼に掛かる負担が少ない自然な状態で視ることが出来ます。 

その結果、眼や身体に掛かる負担が軽減され、脳や身体に優しく、視力低下の抑制にも繋がります。 この快適な視え具合が、中川が支持される理由です。

中川眼鏡店 | 仕事写真6
5C89A1EB-3B8C-4179-8423-548CB929E2EA_edited.jpg
加工

一手間も二手間も掛け、一つ一つ丁寧な仕事をする中川ならではの美しい眼鏡作りは、その仕上がり感を見れば一目瞭然!

眼鏡職人歴33年による熟練の経験と様々な技にて研磨されたレンズ面を顕微鏡で覗くと、0.1ミリも凹凸のない滑らかな肌さわりが、高い技術の証であり、眼鏡職人としての腕の見せ所と言ったところでしょう。

0355ECC7-53F3-4C06-84B1-9E032B11E3DF_edited.jpg

幼い頃より遊び道具が眼鏡だった為か、それぞれの眼鏡が持つ特徴や癖は、眼鏡を触れただけで分かる程。 理論的に考えるのではなく、手で感じ指先に伝わる感覚で、眼鏡の調整をするのが唯一無二の中川の調整技。

百人いれば百通りで、どんな顔にでもミリ単位で眼鏡を顔に合わせる腕は、まさに神の手! この掛け心地を求め、日本全国からお客様が来店されます。

調整