中川眼鏡院は、『視力』『視覚』の難易度が高度な眼鏡作りへ挑み、最先端
の技術開発を研究し、最高位の眼鏡を提供することで社会へ貢献致します。

視力検査

【ドイツ式両眼視機能検査を実施】

中川眼鏡院での視力検査は、医療先進国のヨーロッパにて最先端の医療機器として導入されているドイツ・カールツァイス社製の世界最先端の超精密医療視覚検査機『i.Profiler®plus』『VISUPHOR® 500』『VISUSCREEN@500』で、世界最先端の自覚屈折検査を測定し、ドイツ式【ドイツ・ベルリン国立眼鏡専門学校のハーゼ教授が生み出した世界最高法の両眼視機能検査】を実施致しております。

現在、世界中で実施されている視力検査・視機能検査の方法は、米国式21式検査とドイツ式(ハーゼ理論式両眼視機能検査)の2つに分けられます。米国式21式検査は、世界における視力検査の基本であり、一般的な日本での視力検査も米国式21式検査を基に実施されております。米国式21式検査とは、21の検査項目(眼位・屈折度数・視力等)を順次行い、適正な『視力・視覚』を導く検査方法で、中川眼鏡店でも長年の間、米国式21式検査を用いて検査を実施しております。しかし中川眼鏡院では、より繊細で鮮明な『視力』『視覚』を追求する為に、最高難易度のドイツ式両眼視機能検査を実施することで、これまでの見え方の概念を変える見え方そのものの質が改善でき、遠近感や立体感がはっきりし、これまでに経験出来なかった超精密な視力・視覚(見え方)が体験できます。 

しかし、米国式でもドイツ式でも重要なのは、単に検査項目を順番に全てするのではなく、検査を受けるお客様の眼の状況や目的(使用用途)等、必要に応じて各々の検査項目を増やしたり減らしたりし、お客様の眼の負担を軽減し、且つ適切な視力『見え方』へと導くことが一番大切なことです。すなわち、検査をする人間の知識と技術、経験等により、同じ検査を実施しても検査結果は異なります。

また、完璧なドイツ式両眼視機能検査を実施するには、検査を行う環境が重要で、現在日本国内で主流となっている短距離間での検査ではなく、世界基準となる5m法(被検者から視力表迄の距離が5m離れている)を採用し、検査室を暗室の状態にすることで瞳孔が開き、昼と夜の眼の状態の違いを明確に測定することが出来ます。その検査環境を整へ、東京以北では初となるドイツ・カールツァイス社が開発した世界最先端の超精密医療視力検査機『i・Profiler@plus』『ZEISS VISUPHOR@500』『VISUSCREEN@500』の3機を北海道で初めて中川眼鏡院が導入致しました。 

世界最新テクノロジーが測定し解析した高次元データを基に、ハーゼ教授が生み出したドイツ式両眼視機能検査を実施することで、これまでのように単に視力が【1.0・1.2】見えるという眼鏡ではなく、波面収差や角膜形状等が画像で確認でき、上下左右の眼位のズレ等も判明することが可能になります。さらに、ZEISS i.Scription®で検査データを解析することで、カール・ツァイス社が開発した次世代の視覚矯正と言われる世界最先端の超精密度数、通常0.25D(ディオプター)単位で度数を強弱しますが、ZEISS独自のアルゴリズムにより0.01D単位で度数の強弱が可能になります。眼位のズレ等はプリズムレンズにて矯正することで、モノを見る際に掛かっていた余分な筋力や脳の浪費を抑え、両眼視における立体感や深視力、眼位等のより細かな矯正が可能になり、眼精疲労『眼の疲れ』や肩こり、首コリ、片頭痛等の改善にも効果がある眼鏡をお作りすることが出来ます。

 

私達が日常見ているモノや風景、光景等は、眼で見ているのではなく、実は脳で見ております。実際、左右其々の眼から入った情報は、脳で一つに融像され、脳で見ているのが現実です。しかし左右の眼にズレが生じる場合、左右其々の眼から入った情報は、脳で上手く一つに融像されず、立体感や遠近感が分らず、脳が滲んで見えたり、二重に見えたりします。その結果が、眼精疲労【眼の疲れ】や肩こり・首コリ・片頭痛の要因となり、それらの要因を精密に調べられるのが、世界で唯一となるドイツ式両眼視機能検査なのです。

両眼視機能検査とは、色や形、サイズ、距離感、立体感、スピード感が、より鮮明にはっきりと認識できる為の最高難易度の視力検査方法です。一般的な視力検査では、左右片眼ずつの検査を行いますが、両眼視機能検査は、両眼での視力検査をすることにより、左右の眼がバランスよく機能し、眼球の筋肉が左右バランスよく動きます。特に斜位の眼の場合、左右其々の眼から見たモノは、脳で融像する際に微妙に異なることで、外眼筋に負担がかかり、両眼視の際に網膜像の認識能力が低下しやすく、視機能低下を初め、立体視の延滞や距離感の誤認等を引き起こす為、最新型の検査測定機器にて精密に検査をすることで、これらの改善にも一歩繋がります。

その為、『頭痛』『肩こり』『眼精疲労等』の解消にも繋がり、単に1.0や1.2が見えるだけで作った眼鏡とは違い、眼の負担が抑えられ、ストレスなく、自然に世の中を見ることが出来ます。

だから中川眼鏡院は、『視力』『視覚』で不便を生じている方々の為に、東京以北で初めてドイツのカール・ツァイス社が開発した世界最先端の超精密医療視力検査機を3機導入し、北海道で唯一ドイツ・ベルリン国立眼鏡専門学校のハーゼ教授が生み出したドイツ式両眼視機能検査を実施しております。

​深視力検査

【深視力検査が必要な運転免許】

大型免許・中型免許・準中型免許・けん引免許・普通二種免許・中型二種免許・大型二種免許

通常の視力検査での適正視力を通過しても、深視力検査を通過出来ないと、上記免許の取得や更新は出来ません。

一般の視力検査は、静止している物体の形状の見え具合を検査しますが、深視力検査は、物体が動的に動いた場合の、遠近感や立体感を図る検査です。高度な運転技術を要する運転者が、車間距離をはじめとし、走行時の車や信号、標識等の距離間や認識を正確に眼が捉えられているかを確認するもので、安全運転をする上での大切な検査です。

【深視力検査の合格基準】

両眼で0.8以上、

片眼で左右各々0.5以上

三桿法による検査(3回)の平均誤差が2センチ以内

中川眼鏡店では、運転免許試験場での免許取得や更新時に使用される深視力検査機と同機能性を持つ深視力検査機にて、深視力検査を試す事が出来ます。

「深視力検査が上手く出来ない場合、眼鏡で矯正することも可能です。」

「眼鏡度数の改善や、高度な視力検査「両眼視検査」をし、プリズム処方にて製作した眼鏡で、深視力検査を通過することも出来ます。」

深視力検査をご希望される方は、予めご予約にてお願い申し上げます。

深視力検査代の費用は、3,300円(税込)になります。

但し、中川眼鏡店のお客様や中川眼鏡店にて眼鏡を作られる方は、無料でさせていただいております。

ここまで動いたら

​ボタンを押します

 

​聴力検査

中川眼鏡院では、耳の聴こえの『聴力』『聴覚』の検査も実施致しております。『聴力』『聴覚』の検査は、騒音や検査音の反響が少なく、防音カーテン等で閉ざされた準無響室で、被検者の判断に影響するような心理的圧迫感がない場所で行われるのが最適とされております。 中川眼鏡院は、この環境が整った施設であり、安心して『聴力』『聴覚』の検査を受けていただけます。

 

レンズ加工

中川眼鏡院では、『視力』『視覚』の検査以外に、眼鏡レンズを研磨したり、眼鏡の修理等を致しております。中川独自の技術で作り上げる眼鏡には、多種多様な精密器械や道具を用い、眼鏡職人の感性と伝統の技で美しい眼鏡作りを致しております。

 

また、中川眼鏡技術開発研究所を統合することで、新たな眼鏡作りの研究ができ、新しい技術の開発にも推進しております。

 

​ご利用方法

 

中川眼鏡院では、ドイツ製の世界最先端超精密医療視覚検査機を使用しており、検査機を作動するには、事前に検査を受ける方の詳細を入力しなければ、検査機を作動することが出来ません。

その為、中川眼鏡院にて視力検査をご希望の方は、予めご希望日時のご予約をお願いし、眼や眼鏡の不満や不自由、苦悩等に関しての詳しい情報をお願いしております。

ご予約方法は、中川眼鏡店ホームページからご予約をお願いします。

また、インターネットのご使用が困難な方は、お電話からの受け付けも承っております。

電話番号(011)622-7778迄お願い致します。

尚、店舗が混雑の際は、お電話に出られない場合もございますので、その際は、お時間を置いてからお掛け直し願います。

検査当日は、中川眼鏡店へお出掛け願います。実際に検査を実施する際に、中川眼鏡院へご案内させていただきます。

中川眼鏡院での検査費用

中川眼鏡院では、検査のみの場合、検査費用が掛かります。

ご新規様

(中川眼鏡店を初めてご利用の方。また、過去にご利用されても一度離れた方は、こちらに該当します。)

検査費用:38,500円(税込)

※ 検査をされて、中川眼鏡店で眼鏡を一式新調された場合、検査費用は一切掛かりません。 

※ 医療保険は適用されません。

※ 検査費用は、現金のみのお支払いとなります。

-----------------------------------------------------------------------------

中川眼鏡店の顧客様

(日頃より中川眼鏡店をご利用いただいているご贔屓様。また、過去に中川眼鏡店で眼鏡を作ったことがあるけど、今は違うメガネ店を利用している!という方は、ご新規様扱いになります。)

検査費用: 0円

※ 検査をされて、新しく眼鏡を作らなくても検査費用は、一切掛かりません。

(定期的な視力検査は、中川眼鏡店で眼鏡をお作りいただいたお客様のアフターケアサービスの一環になり、その後の視力・視覚の変化や様子を調べる為のものです。)

眼鏡院詳細

 

中川眼鏡院の詳しい場所は、一切公開しておりません。

【所在地】 北海道札幌市中央区南1条西21丁目2-5-2 中川眼鏡店付近

【連絡先】 ☎(011)622-7778

中川眼鏡店へご連絡下さい。

【検査時間】 am10:00~pm17:00迄

【休院日】 毎週木曜日

Copyright © 中川眼鏡院. All Rights Reserved.